子育て家庭 保険

子育て家庭は、夫が万が一の時にその後の生活費をまかなえる保障額を

父娘

茶インフォ大 育児世帯は、夫が万が一の時に備えて

その後の生活費をまかなえる保障額の保険に加入しておく必要があります。
また、夫が万一の時や病気、ケガで働けなくなった時は、入院費用や生活費などをまかなうためにも、医療保険をしっかり検討しておかないといけません。

 

保険の見直しは何かと面倒ですが、夫が万一の時、その後の生活費をまかなえるよう必要な保障額を割り出しておくことが大事です。
扶養家族が増えたときは、万一のことを考えて死亡保障を厚めに見直す必要があります。
必要な保険金は常に一定ではなく、時間の経過ともに変動するものです。そのため、結婚など大きなライフイベントが起こったときは、これまで加入していた保険を見直す必要があります。

 

結婚した時は、夫婦のうち家計を担っているほうの死亡保障が重要になるので、夫が万が一の時に備えて、その後の生活費をまかなえるぐらいの保障額の保険に加入しておくことです。
貯蓄の有無によっては、夫婦それぞれの医療保障を検討しておくと安心です。死亡保障と医療保障をよくチェックした上で、不足分は、保障額を増額するか、新しく生命保険に加入して補うとよいでしょう。

妻が万が一の時でも家事費用や子供の面倒を見る費用が必要

母娘

茶インフォ大 妻が万が一の時

夫は家事費用や子供の面倒を見る費用が必要になります。

 

共働きの妻に万が一の事があった場合、夫はうろたえます。
なぜなら、家事と家計を支える妻に万が一のことがあっても、遺族年金が支給されないケースがあるからです。夫に保険をかけている家庭は多いですが、妻に対する保険にあまり関心がなかったりします。
しかし
妻が万が一の場合、支給される遺族年金は夫の場合より少ないことを認識しておかないといけません。

 

育児世代で無く子供がいない場合は、夫自身が自分の収入の範囲で暮らせるかもしれません。
しかし、子供がいる家庭で妻の収入の家計に占める割合が高いような場合、夫の収入だけではとても子供の教育費は賄えません。

 

妻が専業主婦であった場合、幼い子供に家事をさせられないので、長期的に家政婦を雇う費用などが必要になります。そうなると、子供の面倒を見る費用や家事の費用が必要になるので、きちんと保険に入っておかないといけません。
あなたの家庭の現在継続中の生命保険が、妻の万が一などの想定がされていない生命保険担っている場合、早急に見直しをする必要があります。

 

何歳までにいくらの保険をかけるかは各家庭によって異なってきますが、妻が万が一の時に備えて、妻も死亡保険に入る必要があります。
家計を改善するには、共済や割安な掛け捨て定期保険などで妻にも死亡保険を掛けておくとよいでしょう。

子供の保険は、まず学資保険

乳児

茶インフォ大 子供の保険は、まず学資保険です。

学資保険は、子供の教育費などに掛かるお金を補助してくれる保険で、保険料をきちんと支払っていけば、教育資金が必要になる際、設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができます。

 

祝い金や満期学資金として契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れるので、子供の保険として最適なものです。
学資保険は、子供や親に万一のことがあった場合、死亡保険金や病気やケガの治療に要する給付金が下りるものもあり、とても役立ちます。
多くの学資保険は契約者が亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除されます。

 

教育費のための積み立てにはもちろん、契約者や被保険者が万一のことがあった際も保障してくれるものなので、子供の保険はまず学資保険がおすすめです。
別途特約を付加すると、子供が病気やケガをしたときでも一定の給付金がおりる仕組みになっているので、子供の保険として大いに利用すべきです。学資保険は子供の教育資金に備えるためだけのものではありません。
子供に何かあったときのためにも是非、備えておくべき保険なのです。

子供がいる家庭の生命保険は、必要保障額の算定が必要

茶インフォ大 生命保険に加入する時は、必要保障額の算定をしてから商品を選ぶようにしないといけません。
必要保障額は、家族構成やライフステージによって人それぞれで、自分にとって必要な保障額を知らなければなりません。
特に子供がいる場合将来の学費と、社会人になるまでの生活費総額を考えなければなりません。

 

教育費の総額はすべて公立を選択したとしても、塾や習い事を含めて800万ほど掛かるそうなので、しっかりとした保障を考えないといけません。
生命保険に加入するときに大切になるのは、必要保障額をしっかりと計算することで、遺族年金や住宅なども念頭に置いて、きちんと保険設計しないといけません。

家計簿

必要保障額は人によって違い、十人いれば十通りの保障額があります。

子供が生まれたばかりの人は、これから長い年月のの生活費や学費が掛かるので、必要保障額はどうしても高額になります。
しかし、時間と共に子供が独立するまでの期間は短くなってくるので、それに合わせて必要保障額を下げていけばいいのです。
特に子供がいる家庭の生命保険は必要保障額の算定が必要で
生命保険の見直し時も必要保障額を計算してから新たなものに加入するようにしないといけません。

 

必要保障額というのは、現在から末子が社会人になるまでの、「水道光熱費・食費・被服費・家賃・教育費」総額から、国から支給される遺族年金総額や現在の貯金などを差し引いた金額になります。

 

現時点で子供が小さいほど、子供が社会人になるまでの年月が長い分、必要保障額が高額になります。
例えば今、五歳、三歳、一歳の子供がいるとして、ご主人に万一があった場合の必要保障額が四千万円や五千万円ほど必要になる家庭は結構あるのです。
なのに、家庭で所持して居てる保険金の総額が二千万円だったりすると、不足した保険金のせいで、子供が中学卒業後夜間高校に通いながら働くということもあり得てしまいます。
本来なら、普通の高校に行って生涯の友人を作り、大学で自分の決めた道の為に勉学に励む所を、15歳の子供が働き詰めになってしまうのです。
このようなことにならないよう、まずは、必要保障額の計算が必須になります。

 

必要保障額の算定と、契約中の家族の生命保険の保障を最適にしながら保険料の節約を目指す、生命保険の専門家に無料で相談するのもいいと思います

最適な保障が必要!子育て家庭の保険をスリムにする無料相談

チェック! 家族の保険は大丈夫ですか !?厳選っ!保険の無料相談

保険マンモス

保険見直し本舗

保険マンモス1

保険マンモス2

金融の専門家、国家・公的資格のファイナンシャルプランナー資格所有、経歴五年以上の厳選された専門家が家庭や会社を訪問してくれます。提案がイマイチなら気軽に断れて保険相談は何度でも無料!

保険マンモス1

生命保険の無料相談店舗が全国二百店舗を突破!詳しい資料でわかりやすい相談が魅力的。キッズルームや駐車場がある店舗を選べるから相談しやすい。保険相談無料!